メインイメージ画像

大安での結婚式の意味

昔から結婚式には大安が良いと思われていますが、最近は、結婚式の日取りについて、どういう決め方が普通なのでしょうか?もちろん、挙げる側のスケジュールも考えなければなりませんが、覚えておかなくてはならないのが、招待客への心配りです。週末休みの人が大勢いると推測されますから、言うまでもなく週末を選ぶことになるにちがいないですし、年末年始や大型連休という特別なシーズンも避けたほうが良いでしょう。それから、暑いときや寒いときは会場の値引きなど、安いことも考えられますが、参列者のことを考慮すると不可能でないなら暑くも寒くもない時期に決めたいものです。

挙式でつける結婚指輪で、既成品ははめたくない、という場合はオーダーメイドでマリッジリングを作ることができるでしょう。オーダーメイドの中にもタイプがあり世の中にたったひとつのマリッジリングが欲しい、と譲れない人は全てオーダーで、宝石の選り抜きから指輪の図案まで完全オリジナルのものを推しますが、金額との関係やそこまで凝らなくても支障はない、とすると、ある程度のデザインで好みのリングや石を選択していく、セミオーダーという買い方もあるのです。
結婚時の手続きというと、実にいろいろなものがあります。

何はなくとも、婚姻届を提出するのが先ですが、このことにもいくつか注意点があります。婚姻届自体は近所の役所で入手できるのですが、結婚する前の本籍地とは離れた役所への提出となると、戸籍謄本が必要になります。

また、2人分の証人が必要なので、予め兄弟や親などに了承を得るようにするのです。婚姻届以外には、移転に必要な、転出届や転入届などというものが必要でしょう。